2012.6.4  

私が、生きる肌  

私が、生きる肌

ペドロ・アルモドバル監督の「私が、生きる肌」を観てきました。(notネタバレ)

映像がひたすら美しいけど、理解できないくらい変態的。動揺します。

アントニオ・バンデラスが変態的な役柄だけどセクシーで、エレナ・アナヤも体を張った演技だしキレイ。

本当にスペインって情熱的でストレートでいいなーと思いました。

 

あと個人的には、日本の配給会社が煽ってる程、主人公は猟奇的ではなく

ストーリーがしっかりしていて、思わずミステリー小説を読んでいるような感覚になりました。

ゴルチエが衣装協力していて、ゴルチエ好きにはたまらないかもです。

(余談ですが、ゴルチエってわりと大人になって知りました。。。)

 

どちらかというと少し重めな作品で、愛や憎しみについて色々と考えさせられました。

後からじわじわと面白さがこみ上げてくる映画だと思います。

 

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2020 Heart Beat | powered by WordPress with Barecity