2012.3.2  

最近営業時に意識していること、人の分析について  

sky

大事なことは、「なにをしたいのか?」「決裁権限は誰?決済フローは?」「本当の予算額はいくら?」くらい。

なにをしたいのかが明確でなくて、決裁権限のない人に時間をかけて、予算以下の提案をすることはダメダメです(笑)

たぶん何回してもそのようにしか営業できないのは営業が向いてないか、気付きが足りないと思います。

何事も下準備が必要

そして実際にお会いする際には、インタビュアーするくらいの勢いで、打ち合わせなどする前に相手のことを徹底的に調べます。

そこで気に入ったフレーズや感心したエピソードなどをメモなり、頭にインプットする。

徹底的に話を聞く、後半にそのエピソードを含めた話をする。

あくまでも色んな情報をインプットした中で厳選したセンスの良いチョイスをすることです。

薄っぺらいことを述べると本当に薄っぺらいので言葉を選ぶ。

選択をミスして、薄っぺらいと感情のこもっていない発言に見えます。

人間のタイプの分析

直接話をしていくうちにだいたいどういうタイプの方なのかがざっくり把握できます。

これは以前、地元のマダムが沢山通う美容室で、高いサービスレベルで接客していたから多少できるのかもしれません。

論理的に訴えかけるとよいタイプなのか、それとも感情に訴えかけるとよいタイプなのか。

内向的なのか、社交的なのか、オタクなのか、ブランド志向なのか、見た目や表面的な部分しか見ない人なのか。

たぶんyes、noで答えるだけで、ある程度の最適なアプローチ方法が見つかると思います。

プラスして、相手がなにを求めているのか、なにを不満に思っているのか、なにをコンプレックスに感じているのか。

過去にどういう経緯があって、今の考えになっているのか。それとなく聞いてみて察知することが大事です。

自分なりに仮説立てて、検証する

一度自分なりに仮説を立てて、こういう方法が最適なのではないかというアプローチで対応してみます。

合っていればバッチリ合うリアクションでしょうし、合っていなければちぐはぐなリアクションが返ってきます。

きっと上手くいかない場合は、タイミングが悪いのか、アプローチが良くなかったのです。

めげないでアプローチの方法を変えてみましょう。ちなみに私は年上の男性で感情的に訴えると響くタイプの人に、思い切って心を開いたり飛び込んでいける気がしますし、実際に伝わりやすい気がします。

ストーリー設定・メイキング

あと大事なのは、沢山いる人の中であなたと会えてよかったです的な、偶然とも言えるストーリー性があるとグッときます。

例えばあなたはカッコイイ国を作りたいと考えています。ただし相手に伝えるときに、一方には「国を作りたいから一緒にレンガを積む仕事をしないか?」と伝え、もう一方には「とりあえず仕事があるからレンガを運んでくれないか?」と伝えます。

どちらがより動いてくれますか?という話です。

デール・カーネギー氏の著書の「人を動かす」にもありますが、相手の立場になって考え抜いてはじめて相手に伝わるものだと思います。

今の仕事の先になにがありますか?そしてそれは大きいものですか?

きちんと日頃から伝える努力をしていますか?(←自戒メソッド><)

まとめ

個人的に営業が上手くいく方法は、営業の基本は当然すぎるのでマストで、期待値をいくら超えるかということを徹底して続ける。

相手にされたら嫌なことは極力しない。相手の立場になって常に考える。

相手のリアクションや表情からある程度の気持ちを察知する。

やみくもに頭を下げない。お願いしない。媚びない。そんなにがっつかない。

力まずに受けてフワリと返す、合気道に近いのではないかなーと思います。

全体に雑な文章になってしまいました><

皆さんの営業・人の分析の心得的なものはなんですか?もしよかったらコメントなどで教えて下さい。

2012.2.27  

創造性と孤独の関係  

2010年から2011年の2年間、ずっと裏テーマがあって、それが「孤独と向き合う」という暗いものだった。

ずっと答えを探していたけど、これだという答えがまとまらない。正解なんてたぶんないんだと思った。

創造性が優れていても実行できなければ意味がないし、実行できても創造性が豊かでなければ面白くないものができてしまう。

最近気になるエントリーをいくつか読んだのでメモ。

 

 

こちらのエントリーでは、創造性と孤独の関係性について以下のように述べられています。

と同時に現代でのソーシャルメディアに依存している社会を “つながり過ぎ” と指摘されています。

フロー理論でも有名な心理学者チクセントミハイと、その弟子ソーヤーは、60名のクリエイティブな人材にインタビューを行い、創造的なコラボレーションの条件を明らかにしました。その結果、コラボレーションにおいて創造的な洞察やブレイクスルーが起きる時は、単に協同で仕事をこなすだけでなく、散歩やガーデニングなど、仕事と関係のない「1人の時間」を確保しており、そこで仕事につながる洞察を得ているということが明らかになったのです。要するに、仲間との仕事から「いったん離れて一人になる」ことが重要だということですね。(中略)

ところが、現代はケータイに加え、TwitterやSNSなどのソーシャルメディアが普及し、いつでもどこでも「誰かとつながっている」のが当たり前の時代です。“つながり過ぎ”といっても過言ではないほど、“本質的な意味での1人の時間”を確保するのが難しい時代なのではないかと思います。新しいアイデアが求められる時代だからこそ、創造を生み出すための誰ともつながらない時間…すなわち「創造的な孤独」時間をいかにして確保するか、がこれからの時代の課題になるのかもしれません。

ブログ|MindsetWEB-未来の社会を創る 中学生の新しい学びの場

 

 

また別のエントリーでも、新グループシンクの話の中で以下のようなことを述べられています。

  • ある有名な心理学者によると、「内向的な人々は目の前の仕事に思考を集中させ、仕事とは関係のない社会的や性的なことに余計なエネルギーを漏らさないようにすることによって」創造性を高めるというのだ。(中略)
  • しかも人間には、互いに矛盾する二つの衝動があるのだ。それは、「人間は他人を好きだし必要としているのだが、同時にプライバシーと自律性も必要としている」ということだ。(中略)
  • インターネットから集団的にすばらしい創造が生まれて来た理由はここにある。なぜならインターネットだと、一人一人が孤独でいるのにもかかわらず、集団で作業できるからだ。

地政学を英国で学んだ : 創造性を上げるには「孤独」になれ

 

ここでいう孤独は、誰からも完全に孤立している状態ではないようです。

創造性と効率を求めるのであれば孤独と向き合う時間も必要だし、共同作業の適度なバランスも必要だと説いている。

多くの学者たちの研究テーマは複雑化しており、共同作業は別々の大学で個別に作業をして行われているとのこと。

 

また岡本太郎氏の名言。

他の誰もがやらないものを、孤独の中で創造する。それが自己発見だ。
周囲に対しても、自分に対しても、挑み続けなくてはいけない。

 

創造性については、アート・クリエイティブ関係だけでなく多くの業界にも共通しているのですね。

誰かとつながりすぎている感が多い今の時代で、時間を上手く使って孤独と向き合う作業をしていきませんか?

2012.2.26  

新版ハンディーカーネギー・ベスト  

今日は新しいプロジェクトのお話を優秀なエンジニアの方と一緒にしてきました。
モットーとしている、仕事に見合ったちゃんと正当な対価を払うことができるし、快諾してもらえたので本当に心強くて嬉しいです。

軽いミーティングの後、新宿西口のブックファーストに寄りました。
この店舗は好きで、わりとよく通っています。
新書やプッシュされてるコーナーにあったハンディーカーネギー・ベストを買いました。

旧版より文字を組み直して大きくし、読みやすいように工夫されているらしいです。

これで本棚には、大きい方のカーネギー氏の本が二冊ずつ並んでしまいますが持ち歩き用にできますね!笑

20120226-042223.jpg

2012.2.18  

多くの人に好かれる、営業の心得え  

昨日お会いした方が印象的なことをおっしゃっていたのでメモ。

もともと営業をされていた方なので、会う人にファンになってもらって

すごい人や優秀な人をどんどんサービスに巻き込んじゃってる人。

– 本当にできる営業は気を遣っていることにすら気づかせない。

– 会った人みんなにファンになってもらうくらいの気持ちで会う

– 名刺交換などお会いした方にはその日のうちにメールをする

– 営業は礼儀正しさも大事だし、相手の懐に飛び込むことを恐れてはいけない

– おじさんキラーが最強説

参考程度に、私は本当に仲良くなりたい人と距離を置いてしまっていて、懐に飛び込めていないのではないかと思いました。

と、反省しながらも、これから行動を変えていきたいと思います。

もし今後、横山から図々しいお願いがあれば、仲良くなりたいということで(ry

2011.12.23  

DisneyのIt’s A Small Worldアプリはインタラクティブな未来の絵本  

子供の頃、ディズニーの映画やビデオをたくさん観たり、飛び出す絵本のセットなどを買ってもらっていた。

そんな幼い頃を思い出すかのように、夢中になってiPadアプリで遊んでいた。

Disneyの “it’s a small world”を体験できるiPhone / iPadアプリに感動したのでメモ。

まさに世界観といい、クオリティーの高さといい、触っていてワクワクしっぱなし。

凝ったキャラクターのアニメーション、ドラッグ&ドロップ、クリック・スクロール時のアニメーション等の仕掛けを提供できていてトップクラスだと思う。

開発したBUDGE STUDIO社グッジョブすぎです。

 

ゆっくり右へスクロールしながら進んでいく。いろんな場所をクリックすると、、、

 

ページが途切れないよう工夫がされていて、右に進むと少しずつページの上に進み雲の中へ。

気球で次の世界に移る。

 

右にスクロールさせると、、、

 

終始かわいい。。。

大人から子供まで楽しめるアプリです。

と、ここまで書いてからAppbankさんで紹介されてた。別のライブラリを調べてたら知ったのにw

日本でもどんどんリッチな絵本アプリを出す出版社さんが増えそうな印象。

個人的にも今取り組んでいる分野の高度な技術の組み合わせで、正しい使われ方なんだなぁと思った次第です。

iTunes App Store でご利用いただける iPhone 3GS、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代)、iPad 対応 It’s A Small World

 

2011.12.5  

花園神社の酉の市で熊手を購入(2度目)  

今年も花園神社で熊手を買いました。( 2010年:酉の市で熊手デビュー )

お陰様で良いこともたくさんありましたので、去年のお店を探して

無事に少しグレードアップしたものを買うことができました。

場所は奥の事務所の近くにある橋本さんというお店です(^^)

先週から心機一転、色んな方々とランチやディナーをしてます。

私より何歩も先を進んでいるスタートアップをされている起業家が多いです。

すべての案件が落ち着いたら、一緒に仕事できるといいなぁと思う人達ばかりです。

最近も知り合いの知り合いでつながったり、お仕事で色々とお仕事の話をされることが多くなっていて

いかにうまくお断りするかというゲームが上手になりました 🙂

あと、ある海外に住んでいらっしゃる方から温かい声を掛けて頂きました。

はてダもそうですけど、ブログ書いててよかったと嬉しい気持ちになりました。

2011.11.30  

伝えることのむずかしさ  

最近モヤモヤしてることがひとつあって、そのことをふと考えてしまいます。

同じゴールを向いてるはずなのにこんなにストレスを感じるのだろうか。楽天家の私がここまで悩んでるのは自分でもビックリしている。

伝えようとしているのに伝わらないことへのもどかしさより、そこに感情がなく、良いものを作るという視点が足りないと目的がぶれそうになるイメージ。たくさん押しても返ってこない感覚に近い。

無力さを感じる原因として、伝え方を間違えているパターンと、そもそも価値観が違うパターン、他に複合的な理由があるパターンが考えられる。

なによりも勝手に結論立てて、思考停止している自分が危険だと思った。前提として自分はなにも変える必要がない、と頭の中で組み立てたりするからだ。

これがインターネット上だと、最適な場所を選ぶことができる。嫌だったらすぐに辞められる。本音で言ってることもあるはずだし、演じてる部分もあるかもしれない。インターネットは身勝手でも誰もなにも言わないし、いくらでも逃げられるし、楽だと思う。

以前、仕事のことで色々あったことや仕事で調査してることがオープンにできない時期だったり、正直良くないことや言えないことが多かったです。もうすぐ言ってもいいこともいくつかあります。

人間は多面体で、いろんな面を持ち合わせているものであり、コレ!と自分で無意識のうちにカテゴライズしたり、決めつけたり、結論を早めたりするものではないと考えています。

現実は、きっと思い描いているイメージ以下にしかならないです。できれば欲張りと言われようと、いろんな可能性を残していきたい。

まわりの人に高く評価されるために、何かを演じたり、振る舞ったり、そういう部分ばかりをがんばることは本質的ではないので避けたいところですね。

ただ、もうちょっと図々しいくらいアピール上手な人になりたいなぁ。

伝えることを諦めないで続ける。もしダメだったら、さらに5案でも10案でも考える。知恵を絞る。感情論や価値観で自己解決させない。

最近、伝えることを諦めたり、思考停止しそうになったりする時があるので自戒を込めて。

2011.10.18  

SIGMA DP2sその後  

撮った枚数は1000枚を超えました。そしてFlickrに一気に500枚くらいアップしました。

最初はバッチリ決まるということが少なかったのですが、さすがに少しずつコツを掴んできたような気がします。

暗い場所は得意ではないカメラなので夜景はすごく難しい。三脚か他のカメラを使ったほうがいいと思うぐらい。

露出モードは最初マニュアルモードでしたが、だんだん面倒くさくなってきて、最近はプログラムオートが多いです。

ホワイトバランスはオートで、カラーモードを最初はスタンダードのままにしていたのですが、最近はニュートラル or ビビッドにするといいということを価格.comかどこかの掲示板情報で知り、変更するようにしています。

適当に色んなシチュエーションの写真をピックアップしてみました。もっと沢山撮って上手になりたい。

お仕事が一段落したので、もうちょっと頻度上げて更新したいですね。

 

次はWEB系なお仕事にもどります。有難いことに受託開発時にちょろっと営業活動的なことをしていたら、逆に依頼が色々わさっと来て、大変な感じになっています。

私はフリーですが実際は、色々な会社さんと組んだり、プロジェクトごとにチームビルディングを行い、ヒアリング、仕様を設計、実際に開発まで行います。

プロジェクトにjoinして頂いてるメンバーは知り合いが多いです。けっして誰でもいい訳ではなく、このメンバーなら勝てる!と思えるメンバーで挑んでいます。

面識のある方で、Perlじゃなくてもフリーランスのエンジニアの方、なんとなく興味のある方はacotie.acotie[at]gmail.comもしくはacotie[at]me.comまでふわっと近況を教えて下さるとうれしいです。

色々ありますので、まずはランチや飲みに行きましょう 🙂

2011.10.12  

はてなランチ (photo)  

詳しくは id:acotieのはてダに書きました。

2011.10.8  

RED HOT CHILI PEPPERS – I’M WITH YOU LIVE IN THEATERS  

映画館でレッチリをみてきました。

今回のI’M WITH YOUのアルバムの曲を初めて全曲披露したドイツで行われた貴重なライブの収録映像です。

まず開始まで20分のカウントダウンをしていき、アンソニーからジョシュが加入する経緯、アンソニー、フリー、のチャド1人ずつジョシュへの気持ちなどが語られたり、アルバムI’M WITH YOUについてや、実際に今回収録されたライブ前のメンバーが全員で色々話してたり、ドイツのファンがRHCPへの愛を語ったり、カウントダウンを一緒に待ちわびるような構成でした。

ライブが開始され、全体的にものすごい緊張してるのが見て取れる状態で、ジョシュでだいじょうぶかな?って正直思いました。タイミングやコーラスが合っているのか合っていないのかよくわかならかった。

だんだんほぐれたのかギター弾きまくりで、すっごいカッコ良かった。フリーもすごいのはもちろんだけど、最後にピアノ弾いててびっくりした。

技術的な問題とかいって 2回「Did I Let You Know」が演奏されました。

最後は「Me & My Friends」「Give It Away」という以前からの名曲を続けて演奏し、大盛り上がりの中終了。

最初の2曲くらいでかなり感動してしまいました。

となりの女の人たちが終始ノリノリでキャーキャー言いたい気持ちもわかるんだけど、じっと見ている私達にとってイスがずっと揺れているのはすこし集中しにくくて少し困りました 🙂

ジョシュが加入する際、(レッチリのメンバーとして加入してくれない?とお願いしてから)1週間くらい考えた上で返事をしてくれたし、その分真剣に考えて答えをくれたのが本当に嬉しかった。という話をアンソニーが語っていて、本当に正式メンバーとしてなるべくしてなったメンバーなんだなぁと改めて思いました。

元々ジョシュはRHCPのバックバンドをずっとしていて、ジョン・フルシアンテとも仲がいいし、ソロアルバムの収録に参加もしている。支え続けてくれたメンバーを受け入れるという自然な流れだったと話をされていて、ギターだけでなく作曲もできるとのことで、新生レッチリの今後がますます楽しみです。

DVD化されないらしいので見ることができて本当によかった。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ ライブ“アイム・ウィズ・ユー” in シアター、最高!

すっかり忘れてた私に、最終日だよって教えてくれてチケットもとってくれたTさんありがとうございます!

もちろんRockin ‘on も買いますよー。

RED HOT CHILI PEPPERS (rockin’on BOOKS)

 

 

追記:本が届きました。今のお仕事落ち着いたらしっかり読みたいと思います><

« 前ページへ次ページへ »
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License.
(c) 2022 Heart Beat | powered by WordPress with Barecity